【お役立ちメニュー】地球環境問題に貢献出来る太陽光発電

続々と太陽光発電が導入されつつあり、多くの企業が社会貢献活動に力を入れています。
地球環境という大きな貢献に企業のイメージアップ、そしてそれが収益にも大きく影響を与えることでしょう。 太陽光発電の設置費用としましては150万〜300万円程度となっており、メーカーや請負業者などによって大きな差が生じます。
購入をする時には念入りな調査や確認を怠らないようにしましょう。自宅の屋根の上に設置している太陽光発電システムの太陽電池モジュールによって、太陽の光を受け電気を作っていくこととなります。
ここで作られた電気は直流電力となっていますのでパワーコンディショナに送って、家庭で使用することの出来るように交流に変換することとなります。

 

太陽光発電というのは屋内分電盤が家庭の各電気機器を使用することが出来るように、電力を分配していくこととなります。
また電力量計メーターは余って買い取ってもらった電力や、不足して電力会社から購入した電力を電力量計で計量します。

還暦祝い プレゼントならクリック
還暦祝い プレゼントはここへ
http://kanreki-oiwai-land.com/ranking/



【お役立ちメニュー】地球環境問題に貢献出来る太陽光発電ブログ:17-10-08

ボクは、糖尿病を持っています。
半年ぐらい前に主治医から食べる事療法を勧められ、
「24時間の食べる事を1600キロカロリーにしましょう」
と指導されました。

ところが、
ボクの人生の大いなる楽しみの一つは、
おいしい食べる事をすることです。
加えて、ビールをこよなく愛しています。

なので、
多少は食べる事の摂り方には注意を払いながらも…
カロリー計算は一切せず、食べる事療法としては、
まぁ、野放しに近い状態で昨年は過ごしてきました。

ところが、そんな生活を送っていると、
定期的に測定する血糖の値は徐々に高くなっていき、
疲れが抜けなかったり、疲れやすい状態がどんどん酷くなってきたんですね。
何とも毎日、身体がだるい…

年末、ある人から本をもらったのですが、
その本は、糖尿病の闘病を素材にした小説でした。

プレゼントしてくれたのは、
いつもボクの身体を心配してくれている仲間で、
「コントロールしているようで良い感じがしないかなぁ?」と言いつつも
その本をプレゼントしてくれたのでした。

その小説は明るいトーンで書かれていて、とても面白い小説でした。
主人公が糖尿病と診断されて、糖尿病の食べる事に慣れるための教育入院をし、
カロリー計算をしながら食べる事療養をしていくという内容でした。

主人公も美食家でビール好きのところがボクにとてもよく似ていて、
まるで自分の事のように感じながら面白く読みました。

特に主人公がカロリー制限をもろともせず、
逆にそれを楽しみながら工夫して生活している様子は、
ボクの心をくすぐりました。

これなら「食べる事制限」も「制限」ではなく、
「挑戦」として楽しめるのではないかなぁ…
そんな事を思いました。


ホーム サイトマップ