【お役立ちメニュー】固定価格買取制度と呼ばれている支援策

【お役立ちメニュー】固定価格買取制度と呼ばれている支援策


【お役立ちメニュー】固定価格買取制度と呼ばれている支援策
昼間太陽が出ている時間に太陽光発電によって電力会社から電気を買わずに利用をすることが出来ます。
太陽光発電で停電対策が出来ますので、もしもの時に安心することが出来るのです。 格安で太陽光発電の導入が完了する予定だったのにも関わらず一般的な工事の倍ほどになってしまったという事例が実際にあります。
屋根をほとんど確認しないで「どんな屋根でも設置可能です」と強引に販売をしてくる業者も大変怪しいと考えましょう。太陽光発電を選ぶ時に注意をしておきたい業者の特徴は、購入者に十分考える余裕を与えなく、契約を急がせるということがあります。
契約書もメーカーや機器の型番などが記載されていなく、いい加減な書類もあるようですのでご注意ください。

太陽光発電を導入する前に業者から年間予想発電量を提示してもらったり、確実な納期を確認しておくことは大切なことです。
見積もりをしてもらった時の価格と実際に支払う額が全く異なっているなんてこともあるようです。




【お役立ちメニュー】固定価格買取制度と呼ばれている支援策ブログ:18-11-17

わしがまだ小学校二年生の時、
普段無口なパパが珍しく
わしを花火大会に連れて行ってくれました。

それまで、
パパと二人だけで出掛けた事はなかったと思います。

たち並ぶ夜店にわしの視線は奪われっぱなし…

もし一緒にいたのがパパでなかったら
「あれがほしいこれがほしい」と、
店の前で地団駄を踏んでいたはずです。

でもパパの前ではなぜか
それが出来ませんでした。

しかし、グッと堪えていたわしの足を
ピタリと引き止める物に出会ってしまったのです。

それは、
赤や青 黄色に緑…と着色されたヒヨコでした。

目を輝かせ一心不乱に見つめていた
わしの心の声が聞こえたかのように、
パパはニッコリ笑って言いました。
「何色が良い?」
わしは緑のヒヨコを買ってもらいました。

わしは一生懸命ヒヨコの世話をしました。
ヒヨコは大きくなるにつれて色はなくなり、
普通の鶏になりました。

それでも飽きることなく
わしは世話を続けました。

そしてある朝方、
わしが鶏小屋に行ってみると、
小屋の隅に真っ白な卵がありました。
嬉しくなったわしは卵を手にみんなに見せて回りました。

「お前が頑張って世話をしたから産んだんよ」
そう言って、祖母が卵かけご飯を作ってくれました。

それまで食べていた卵かけご飯に比べると、
甘味があって、最高に美味しく感じたのを覚えてます!

数年後、
祖母が亡くなって10日ほどが過ぎた夕方飯のときでした。

卵をたった一つしか産まないまま、
近所の養鶏所に引き取られて行った…
あの緑のヒヨコの話しになりました。

パパは言いました。
「夜店に売ってるヒヨコは全部オスだから卵を生むはずがない」
わしは驚きました!

あの日の卵は
一生懸命に鶏の世話をし続けたわしを悲しませまいと、
祖母がこっそり置いてくれたものだったのです。

【お役立ちメニュー】固定価格買取制度と呼ばれている支援策

【お役立ちメニュー】固定価格買取制度と呼ばれている支援策

★メニュー

【お役立ちメニュー】地球環境問題に貢献出来る太陽光発電
【お役立ちメニュー】太陽光発電を設置することの問題点
【お役立ちメニュー】太陽光発電のシステムと設置費用
【お役立ちメニュー】事前に様々な情報を集めておきましょう
【お役立ちメニュー】悪徳な太陽光発電設置業者には十分に注意
【お役立ちメニュー】固定価格買取制度と呼ばれている支援策
【お役立ちメニュー】価格低下が進んでいる太陽光発電
【お役立ちメニュー】太陽光発電セミナーに参加してみては?
【お役立ちメニュー】太陽光発電の工事単価
【お役立ちメニュー】太陽光発電システム以外にもエコキュート


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)新しい未来を切り開く太陽光発電