【お役立ちメニュー】価格低下が進んでいる太陽光発電

企業の太陽光発電は当然のこと、最近では一般家庭における太陽光発電の設置が行われています。
太陽エネルギーで作られた自然エネルギーは、電力会社に売ることも出来るので大変オトクで便利なのです。 もしも4kw程度の太陽光発電を設置された時の年間予測発電量というのは、およそ4500kwhから5400kwh程度となります。
これを電気料金として固定買取制度で計算しますと、約17万円〜20万円前後の換算電気料金となるのです。太陽光発電における発電量というのは、住んでいる地域や屋根の角度、方位などで大きく異なります。
なのでエリア毎の発電量に関する全ての情報を集めるためには、かなりの手間を必要とするのです。

 

太陽光発電の導入について地域で定期的に開催されているメーカーや電力会社主催の太陽光発電セミナーに申し込みをされると良いでしょう。
貴方が住んでいる地域の太陽光発電の過去データを知る良い機会となることでしょう。

ケータリングの紹介
ケータリング
http://banquetajin.net



【お役立ちメニュー】価格低下が進んでいる太陽光発電ブログ:18-12-13

「朝、早く起きて一緒に歩かないか?」

夫がそう言ったのは、5年前の秋の終わりのことだった。

ズボンのサイズがきつくなってきてウエスト周りを気にしている、
なにか体操を始めた方が良いかもしれない…
という話の流れから出た言葉だった。

当時、おれは妊娠中で、安定期にはいっていた。
体重管理と体力作りのために、
やはりからだを動かした方が良いと主治医に言われていたが、
妊娠中にできる体操は限られている。
夫の提案は、渡りに船だった。

こうしておれたちは、次の日から歩き始めた。

いつもより一時間ほど早く起きて、
まだ薄暗い街の中を歩く…

人気がない住宅街は、ちょっとした異次元空間のように見えた。
住宅街を抜けて川沿いの道に出ると、東の空がほんのり明るくなり始め、
モノクロだった世界は、太陽の光の登場で突然目覚める…

おれたちは、いろいろな話をしながら歩いた。
さわやかな風とまぶしい太陽の光のなかでは、
未来について話すことが最もふさわしいように思う。

生まれてくる娘のこと、
理想とする家庭像…
話は尽きることがなかった。

朝の散歩の効果かどうか、娘の出産は安産だった。
夫も、ズボンを買い替えずに冬を乗り切った。

けれど、あの時間がくれた最大のプレゼントは、
おれたちがお互いへの理解を深めたことだった。

とりとめのない会話ではあったが、
これから新しい家族を迎え、一から家庭を築いていく上で、
なくてはならない重要な土台を
二人で作り上げていくことができたように思う。


ホーム サイトマップ