【お役立ちメニュー】固定価格買取制度と呼ばれている支援策

昼間太陽が出ている時間に太陽光発電によって電力会社から電気を買わずに利用をすることが出来ます。
太陽光発電で停電対策が出来ますので、もしもの時に安心することが出来るのです。 格安で太陽光発電の導入が完了する予定だったのにも関わらず一般的な工事の倍ほどになってしまったという事例が実際にあります。
屋根をほとんど確認しないで「どんな屋根でも設置可能です」と強引に販売をしてくる業者も大変怪しいと考えましょう。太陽光発電を選ぶ時に注意をしておきたい業者の特徴は、購入者に十分考える余裕を与えなく、契約を急がせるということがあります。
契約書もメーカーや機器の型番などが記載されていなく、いい加減な書類もあるようですのでご注意ください。

 

太陽光発電を導入する前に業者から年間予想発電量を提示してもらったり、確実な納期を確認しておくことは大切なことです。
見積もりをしてもらった時の価格と実際に支払う額が全く異なっているなんてこともあるようです。



【お役立ちメニュー】固定価格買取制度と呼ばれている支援策ブログ:18-08-18

私達夫婦は、結婚してから7年間、
努力はしていましたが娘ができませんでした。

はじめのうちは話をふってきたお互いの両親も、
段々と娘の話題を
私達の前で出さないようになっていきました。

当時の私は、実のところ、
娘が欲しいと思っていませんでした。

小さい娘をどう扱っていいかわからなかったし、
何より、娘が生まれると
自分や夫婦の時間が割かれてしまう、
自由が奪われてしまうのではないかとも思っていました。

でも、よく考えてみると…
娘が欲しくないという思いの下には、
別の感情が隠されていたのです。
それは、自分のことが大嫌いだということでした。

小さい頃、忙しかった両親には
私達娘の面倒をみる余裕がありませんでした。

それを娘心に
「両親に愛されていない私は、愛するに値しない存在だ」と
勘違いしてしまっていたのです。

けれどもそれは本当に大きな誤解でした。
娘を愛さない両親はいない。

そこにはしかたのない事情があったのかもしれない…
という、ものの見方が出来るようになったのです。

愛していなかったのではなく、
仕事の忙しさのために仕方のなかったことだった。

それどころか、
娘達の幸せのために身を削って働いてくれていたのだ!

その時、
生まれてはじめて、
自分の娘がいてもいいんだ!と
思えたのです。

すると、まさにその月のことです。
娘を妊娠したと嫁から報告を受けたのは…

嫁は電話口で泣いていました。
今振り返れば、嫁もまた、私と同じように自分を責めていて、
私の思いは知らぬ間に嫁の中に伝わり、
夫婦の間にも愛というつながりが生まれたのだと思います。


ホーム サイトマップ